トップページ > 薬・予防接種について

薬・予防接種について

季節のトピックス

2016年インフルエンザワクチン予防接種のお知らせ

神戸市ではインフルエンザの予防接種を開始しています。
当院では通常の診療日にもインフルエンザ予防接種は可能ですが、体調の良好な方は、従来の外来の他にインフルエンザ予防接種外来を下記のように設けています。

10月29日(土) 14時~16時
11月 2日(水) 17時~19時
11月26日(土) 14時~16時

予約は不要です。

★インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染することで急激に発症し、症状が重くなることが特徴です。予防接種をしていれば、ウイルスに感染しても比較的症状が軽くてすみます。とくにご高齢の方や、人と接することが多い方、生徒さん学生さんには予防接種をおすすめいたします。インフルエンザウイルスは気温が下がると活発に活動します。また、接種してから2週間位で予防接種の効力が発揮されます。
★原則として、13歳未満の方は約4週間あけて2回接種いたします。
費用は次のとおりです。
大人13歳以上:4,360円
小人12歳まで:1回目 3,000円 2回目 2,500円
65歳以上:1,500円


お薬について

「院内処方」にこだわっています。

小野クリニックは、院内処方です。体調不良でお越しになる方々に診察終了後、医師が処方をしたお薬を間違いなく速やかにお持ち帰りいただきたいと考えているからです。
また吸入薬などの使い方、お薬の効果・効能などは処方した医師が直接お伝えすることを大切にしており、患者さまの体力的・金銭的なご負担の軽減を目指して開院以来一貫して院内処方を貫いています。

●ジェネリック医薬品について
小野クリニックでは院長の考え方からジェネリック薬ではなく、「先発医薬品」を使用しています。
ジェネリック薬をご希望の方は処方箋をお出しいたしますので、お手数ですが院外薬局でのご購入をお願いいたします。

予防接種について

(市町村で接種費用の一部の助成がある場合があります。)
ワクチン取り寄せの場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。

●肺炎球菌ワクチン
-高齢者の肺炎を予防するためのワクチン接種で、
 特に慢性疾患のある高齢者が重症化するリスクを軽減します-
●麻しん(はしか)
●風しん
●小児用肺炎球菌ワクチン
●小児用ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型)
●子宮頸がん予防ワクチン
(神戸市に住民登録または外国人登録のある中学校1 年生から高等学校1 年生相当の年齢の女性には費用助成があります。)
●季節性インフルエンザ

  日・祝
PM
※○は9:00-13:00 ※駐車場完備
は小児診療 10:00-12:00 13:00-15:00